より濃厚でしっとりとした生地の長崎カステラの秀作。「たしかにひと味ちがうわね」
初めて口にされた方が、皆さま、そうおっしゃいます。

江戸時代、5つの味(全ての味)を凌駕するほど美味という「五味(ごみ)かすてら」の名で生まれたより贅沢なカステラは、明治になって「五三(ごさん)焼カステラ」と呼ばれるようになりました。
それは卵黄を増やして、その分、卵白を減らし、砂糖も増量して、生地のしっとり感をより濃くかもし出した長崎カステラの秀作でした。
極上のカステラとして生まれた五三焼を、現代に復活させた松翁軒の五三焼。さらに味覚の慶びをと求められるお客さまへ、より豊かな長崎カステラの風味をご賞味いただけましたら、この上ない喜びと存じます。

並び替え
8件中 1-8件表示
並び替え
8件中 1-8件表示