その昔、長崎からひと山、ふた山越えたあたり。
段々畑や棚田を耕し、日々を営む里山がありました。
遠くに鹿の鳴き声が響き渡る夜の静寂。
田植えの始まる頃、水を引いた棚田に 月が美しく映え、それはまるで月の港を想わせる景色が広がっておりました。

しっとりと炊きあげた、つぶ餡とお餅を、ふわりとしたカステラ生地で包みました。月に見たてた、懐かしくやさしいお菓子です。

こちらの商品は、現在販売期間外です。

大変申し訳ありませんが、こちらの商品は現在販売対象外です。松翁軒では季節ならではのお菓子をさまざまご用意しております。お中元やお歳暮はもちろん、大切なお祝い事などにも、長崎松翁軒のお菓子をご用命ください。

3件中 1-3件表示
3件中 1-3件表示